MOSはパソコンスキルの証明になる

subpage01

エクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できるものとしてMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)という資格があります。

この資格を持っていると、就職、転職活動、または社内において、自分のパソコンスキルを効果的にアピールすることができます。
またMOSの資格勉強を通して、アプリケーションソフトのさまざまな機能を使いこなすスキルを身に着けることで、職場でのパソコンを使った業務の効率化を図ることができます。


MOSの試験科目にはワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルックがあり、受けたい科目を選択して試験を受けることができます。



またワードとエクセルは、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)の2レベルから試験を選ぶことができます。

試験ごとに問題が独立しているので、エキスパートレベルから受験することも可能です。

YOMIURI ONLINEを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

試験の概要は、公式ホームページから確認することができます。

受験する方法には全国一斉試験と随時試験の二つがあります。


全国一斉試験は月に1、2回行われており、郵送、またはインターネットで申し込みをし、全国の一斉試験実施会場から受験会場を選択することができます。


随時試験では全国にある随時試験会場へ直接申し込みをし、各試験会場が設定した試験日程で受験をします。申込方法が異なるのみで、受験料や試験内容は全く同じです。

試験の合否結果は受験後すぐに判定され、取得したその日から履歴書に記入し、就職活動に活かすことができます。