マイクロソフトオフィスのスキルを証明するMOS資格

subpage01

MOSとは、MicrosoftofficeSpecialistの略で、マイクロソフトが提供し高い利用率を誇るマイクロソフトオフィスに関する知識や利用スキルを評価する指標として作られた国際資格です。



民間資格ですがマイクロソフトが正式に認定しています。

会社での事務作業で活用されるWord・Excelのほか、プレゼンテーションソフトのPowerPoint、データベースソフトのAccess、情報管理ソフトのOutlookの試験が行われます。

朝日新聞デジタルの専門知識を身につけましょう。

利用率の高いWord・Excelには、一般試験のほか上級(エキスパート)試験も行われます。


MOSは、Officeのバージョンごとに試験が実施されます。

新たなバージョンが発売されるとそれに対する試験も新たに実施されます。



現在行われている試験は、Office2010、2013、2016の3つのバージョンです。


そして、Word・Excelの上級とPowerPointの3つにAccessかPowerPointのいずれかを取得することで、MicrosoftOfficeMaster(MOM)に認定されます。MOSは、パソコンに関する資格としては他のパソコン検定などに対して高い優位性を持ちます。
しかし、Word・Excelの一般資格ぐらいなら、比較的難易度の低い資格であることからそれほど高い評価にはならないかもしれません。Word・Excelの場合は上級資格、あるいはデータベースの知識が必要で難易度の高いAccessの資格なら高い評価が得られるでしょう。